院長は日本臨床歯周病学会の会員です

歯周病

歯周病の原因は?

お口の中には、数百種類の細菌が存在します。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが十分ではなかったり、砂糖を過剰に摂取すると、細菌が粘着性の強い物質を作り出し、歯の表面に付着します。
これを歯垢(プラーク)と言い、うがいをした程度では取れません。
この歯垢(プラーク)の中に、歯周病を引き起こす細菌が特異的にいることが解明されています。歯周病とは、これらの細菌によって歯肉に炎症を起こし、やがては歯を支えている骨を吸収していく病気のことで、歯を失う原因になります。
歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し、歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは除去することはできません。
この歯石の中や周囲に、更に細菌が入り、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

歯周病の予防・治療は可能なの?

可能です。 歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのために大切なことは・・・

  • 1.正しいブラッシングを実行し、歯の表面を歯垢のない状態にしておくこと
  • 2.歯石を除去し、歯根の表面を滑らかにして、炎症を起こす細菌を徹底的に取り除くこと
  • 3.傷んだ歯肉、骨を治療すること
  • 4.専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けること

欧米では、歯周病を「静かなる疾患」と呼ぶことがあります。
これは、患者さん自身が進行を自覚することは困難であると言う意味です。
したがって歯を失わないために、トラブルを感じていなくても定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが必要です。

歯周病の治療(1) 基本治療

まず初めに行われる治療が基本治療で、以下のようなものがあります。

  • 歯垢の除去:ご自宅でのブラッシングなど、 歯科医院での機械的歯面清掃。
  • スケーリングとは、歯の表面の歯垢・歯石を器具にて除去することです。
  • ルートプレーニングとは、毒素や微生物で汚染された歯根の表層を除去する方法で、多くの場合スケーリングと同時に行われます。

これら基本治療により歯周組織が改善され、ポケットが浅く維持されれば、メインテナンス(定期検診)に移行します。

歯周病治療

歯周病の治療(2) 外科治療

基本治療でポケットの深さが改善されず、ポケット内に細菌が生息し、除去できないとき等に、外科的にポケットを減少させる手術もあります。
また、特殊な材料を用い、部分的に失われた歯槽骨を再生させる手術(歯周再生療法)を行う場合もあります。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

加藤歯科医院

〒473-0913
愛知県豊田市竹元町二ッ池6-77
名鉄三河線「竹村駅」より徒歩約12分

診療時間

アクセス

皆様が笑顔になれるお話や最新の歯科情報・学会情報をお届け!

pagetop