• 0565-52-5077


    電話受付時間:9:00から19:00(土曜:18:00まで)
    休診日:木曜、日曜

入れ歯

入れ歯の種類

ぴったりの入れ歯で快適な生活を送りたいとお考えのあなたへ

部分入れ歯

バネのある入れ歯 保険治療

部分入れ歯は、近隣の歯にバネを引っ掛けて入れ歯を安定させる仕組みです。土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性がありますが、保険で行える治療なので費用が比較的安価であるという特徴があります。バネの部分が金属で出来ているので、大きな口をあけたときなどは目立ってしまいます。

金属床部分入れ歯・バネのない入れ歯 自費診療

金属床の場合は、より薄く頑丈に作ることが出来、違和感が少ないです。ノンメタルクラスプデンチャーの場合は、金具を使っていませんので、金属アレルギーの方でも使用可能な上、口を開けた時に、金具が目立ってしまうこともありません。しかし、保険治療よりは費用がかかってしまいます。

金属床部分入れ歯の費用 210,000~290,000円(税別)
ノンメタル
クラスプデンチャーの費用
90,000~180,000円(税別)

総入れ歯

プラスチックでできた総入れ歯 保険治療

保険適用の範囲で作られる入れ歯は、床と呼ばれる入れ歯の土台部分がプラスチック製のものになるのが一般的です。強度を出すためにプラスチック部分を厚く作ります。そのために熱の伝わりが悪かったり、厚みからくる違和感も存在しますが、費用を比較的安く抑えることができます。

金属床総入れ歯 自費診療

床と呼ばれる土台部分に金属を使った入れ歯です。保険治療より費用はかかりますが、金属でできているので、丈夫で熱の伝わりが良く、装着時の違和感も軽減され、プラスチックのものに比べるとおいしく食事を楽しむことができます。

金属床総入れ歯の費用 210,000~290,000円(税別)

ページトップへ戻る